中国・四国

2007年8月 2日 (木)

土佐の一本釣り@高知市

27日(金)の晩ご飯を高知の土佐の一本釣りという居酒屋でいただきました。

まず、お通し。

P1000196

次に、ウツボのタタキ。かつをのタタキはご存じだと思いますが、ウツボのタタキというのは、高知と都内の高知料理の店(荒木町・四万十)でしか食べたことがありません。

P1000197

熊野でもウツボを食べますが、食べ方が違います。
まず、開いて天日干しにし、乾燥した状態で刻み、揚げて甘辛く煮ます。
「揚げ煮」といいます。

もともと、ウツボは骨が多いので、揚げ煮にすることで、ポリポリと食べやすくなります。

カルシウムやコラーゲンが多いので、子供や女性向けと能書きに書かれていますが、酒のつまみに最適です。

ところが、高知では、ウツボの唐揚げもありますが、刺身にしたり、タタキにする。どうやって骨を外すかは企業秘密だそうですが、うまいこと外す方法があるようです。

珍しいので、高知では毎回頼んでいます。

皮に近い方は軟骨が多いのかちょっとコリコリ感があり、皮との間はプルプルした食感です。身の部分はほろりとほぐれる感じです。
酢醤油っぽいたれが掛かっていますが、かつを同様、にんにくとの相性がいいです。

P1000198

次に、かつをのハランボ(腹んぼ)の塩焼き。脂がのっていて美味です。

P1000199

そして、四万十川のゴリの唐揚げ。ゴリはハゼ科のチチブやヌマチチブの稚魚。佃煮や卵とじにすることが多いそうですが、ここでは唐揚げ。酒のつまみにはいい。

酒は、司牡丹の本醸造の古酒をお燗にしてもらいました。
本醸造の古酒は珍しい。本醸造は醸造用アルコールが入ったものですが、ここのは100%米で作ったアルコール。
蔵の説明ではお燗にいいと書いてあり、実際に取り寄せて、常温とお燗で飲み比べたことがありますが、お燗の方がいろんな味が開く(広がる)感じで美味しい。
(お店の人には、「これは常温でお出ししています。」と一度断られたけど、無理にお願いしました。次のURLを見れば、お燗にいいとはっきり書いています。)
http://tsukasabotan.co.jp/tukasa/teibanGoods/HonJouzou.htm

塩辛とチーズの相性が意外といい。マスカルポーネというクリームチーズと塩辛を混ぜ合わせるといいつまみになります。

P1000201

このお店では、男爵いものチーズグラタンのソースに塩辛を混ぜているとのこと。これは食べてみないと思い、頼んだけれど、ちょっと分量オーバー。ボリュームがあり過ぎました。こってりしたチーズと塩辛の塩加減がいい塩梅でした。

しかも、焼きおにぎりも頼んでいた。P1000200

こんなに大きいし。

仕方なく(?)、チーズをご飯にのせて(塩辛の塩加減がいい!!)、いただきました。
美味しかったです。

P1000202

さすがにもう食べられません。

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

四万十川の天然鰻と鮎@四万十屋・四万十市(旧中村市)

この間の土曜日のお昼過ぎ,四万十川の河畔にある四万十屋に立ち寄りました。

天気が良かったこともありますが(レンタカーの外気温表示が38度とか),からっとしてて,非常に気持ちが良かった。

四万十川も河口に近い辺りですが,こんな感じに流れていました。

P1020449_2

P1020446

P1020445

四万十川といえば,当然,鮎。天然鮎の塩焼きをいただきました。

P1020442

車じゃなければ,当然,日本酒で一杯と行きたいところです。

鮎はご存じのとおり,川底の岩石に生えた苔を食べています。
昔,天然鮎はアゴでしゃくって苔を食べるので,アゴが発達するので下の方が長いと教わったことがありましたが,どうも,この鮎はそうには見えません。

P1020444

でも,腹の中は緑々していて,苔の苦みがしました。あー,日本酒飲みたい。

P1020439

〆は,天然鰻のうな重。
小さいのが3本のっかってます。

食べた感じは歯ごたえがあって,硬い。
焼き穴子と言われたら,そう思いこむかも。
関西風の蒸さない鰻が好みなのですが,これぐらい硬いと蒸して軟らかくしたい感じですね。

あと小さいせいか,脂がのっていない。
脂があるからスタミナが付いたような気がする。

もともと,鰻の旬は脂がのる寒い時期で,夏は売れなかった。夏の時期に売上を伸ばしたい鰻屋が平賀源内に相談したら,源内が土用丑の日を考え出して,以来,夏の暑い時期に鰻を食べるようになったらしい。

タレは醤油が勝っている感じで甘辛というよりは辛い感じ。タレは普段食べてる感じの方がいいなぁ。

でも,美味しかったです。

ご馳走様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『坂の上の雲』など@松山

土曜日の夜松山に泊まり、日曜の朝、道後温泉に浸かってきました。
千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている、湯屋です。

P1020455

午前中、子規記念館をゆっくりと回り、お昼は、大街道へ移動して、すしまるの松山鮨と五色素麺のセット(1365円)をいただきました。

P1000220

松山鮨と言っても、見た目はちらし寿司。
ちらし寿しと何が違うかは、不明のまま。

P1000218

素麺はつゆも冷たくて、美味しかったぁ。

P1000219

午後は坂の上の雲ミュージアム。

地図が間違っていて、お城へのロープウェイの方へ行ってしまいました。炎天下の中、歩くのはつらい。

裁判所に向かって右側奥の建物です。

P1000221

ちょうど「子規と真之」の企画展の最中。
正岡子規と秋山真之のことですが、詳しくは、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読んでください。平成21年から23年にかけてNHKでドラマを放映する予定です。
兄・秋山好古(よしふる)が日本陸軍騎兵を作って育て、弟・秋山真之(さねゆき)が奇跡的な圧勝となった日本海海戦の作戦を立案した。結果だけを見た場合、軍国主義を煽りかねないと作者の司馬遼太郎が映画やドラマにするのを拒み続けたという「いわく付き」のもの。何とか原作に忠実に作ってもらいたいものです。

ミュージアムの内容?
さすがに出生地だけに資料が豊富で楽しませてもらいました。
公刊物の写真で見ていたものも含まれていますが、

P1000224

筆致とか色彩とかは、現実に見るに勝るものはありません。

あと、新しい施設なので、映像がふんだんに使われているのがいいですね。

全部は読めませんが、新聞の連載記事が壁面いっぱいに貼られています。

挿し絵入りで見たのは流石に初めてです(連載は昭和44年以降ですので)。

一番暑い時間帯に外に出て、松山中央郵便局に寄ってから大街道の商店街に入ろうとしたところ、左手の喫茶店に「氷」の小旗が出ていました。

写真も出ていて、イチゴとリキュールをかけたかき氷がとても美味しそうで、思わず入ってしまいました。

P1000222

これが650円。しつこくなくて、でも、冷たくて。一気にクールダウンできました。

コーヒーも美味しそうでした。

ご馳走様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

つくば(旧桜村・谷田部町) ゴルフ サッカー スキー スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ フィルム写真(北海道・屋久島以外) フィルム写真(北海道) フィルム写真(屋久島) 中国・四国 九州 北海道(道北・道央)(札幌・旭川など) 北海道(道南)(函館など) 北海道(道東)(網走・知床・帯広・釧路など) 北関東(群馬・栃木・茨城) 北陸・東海・甲信越 埼玉県・千葉県 屋久島 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 最近食べた定番もの 東京/千代田区(神田以外)・中央区 東京/品川区・目黒区・大田区 東京/渋谷区・新宿区・世田谷区・豊島区・文京区(湯島根津以外) 東京/港区 東京/23区その他・多摩地区 東北 沖縄 湯島・根津・御徒町・末広町 熊野 神奈川県 神田小川町2014 神田小川町2015 神田/司町・鍛冶町・多町・美土代町・錦町 神田/小川町2007 神田/小川町2008 神田/小川町2009 神田/小川町2010 神田/小川町2011 神田/小川町2012 神田/淡路町 神田/神保町 神田/神田駅・内神田 神田/秋葉原 神田/須田町(とんかつ屋以外) 神田/須田町(勝漫・やまいち・万平) 神田/駿河台 自宅・職場で食べたもの 軽い山歩き 道具