« 2013年7月 | トップページ | 2014年5月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

鶴の湯②@乳頭温泉郷・秋田

18時から本陣6・7で夕食。

昔ながらのお膳で供されます。

P8301644

奥のアルミホイルでくるんだのが,地野菜のサラダ。

後は枝豆,山菜や地野菜の料理です。

ビールは「秘湯ビール」

P8301648_2

日本秘湯の会の宿では定番。

骨酒を頼んだので,それが来るまでの「つなぎ」のはずだったのですが,意外と早く骨酒登場。

P8301651

岩魚1匹と骨2匹と3合の熱燗。

P8301653
ふぐのひれ酒と同じ原理ですが,これは,旨味がしみ出てて,イケます。

料理も次々と出てきて,結構なボリュームです。

P8301649

P8301650

最後に山の芋鍋。

山芋をすって丸めた団子が入ってます。

冬にこれを食べて泊まりたいと思ったもの。

久しぶりの「再会」です。

P8301657

山芋の団子が3つぐらい入ってて,その間に隙間なく,キノコ,山菜。

やはり,これは旨いです。旨いとしか言いようがない。

それにしても,骨酒3合。

多すぎました。

部屋に戻って,早々に寝てしまいました。

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴の湯①@乳頭温泉郷・秋田

3回目の乳頭温泉郷。

鶴の湯は冬に一度,日帰りで利用したことがある。

http://nippon-cha-cha-cha.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_a3d4.html

この時の泉質と食事の印象が強く残っていて,一度は泊まりたいと思っていたところ,平日一人宿泊があるのに気がつき,即予約。

飛行機代を浮かすために,翌日の宿を乳頭温泉郷の宿にして往復の飛行機をパックで予約。

鶴の湯に入ること以外,特に目当てもなく,また,計画するまもなく,旅行に突入。

だから,初日のお昼も,食べログで調べて,見当を付けて突入。

それでも,チェックインの15時には時間が余りに余り,かといって,小雨の武家屋敷を歩く気もせず,田沢湖などの駐車場に車を停め,時間をつぶす。

ようやく,15時にチェックイン。

荷物を置いて,内湯の黒湯,白湯に入り,混浴露天の唐子の湯へ。

日帰り客はおらず,待ちかねた宿泊客が一度に入った感があったけれど,そんなに長く入っていられるものでもなく,15時半には,ほぼ貸切の状態に。

P8301639

内湯の写真もあるけど,あちこちのブログに掲載されてますので,割愛。

写真で見るより,入ってみるのが一番。

日本一という評価は過言ではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚介鶏だし特製らーめん@花うさぎ・秋田角館

遅めの夏休み(?)で秋田へ。

宿にチェックインするには時間があるので,角館でのランチを検討し,武家屋敷入口近くの「花うさぎ」に。

11時開店とほぼ同時に入店。

店主が製麺スペースから出てきて,準備を始める。続けざまに別の客も入店。

平日の金曜日としては客足が早い方か?

期待高し。

メニューは次のとおり。

P8301621

悩みましたが,気温23℃くらいで暑くはないので,つけ麺は回避。

魚介鶏だしか丸鶏旨味かで迷った挙げ句,魚介鶏だし特製らーめん890円に。

最初の客なので,サッと登場。

P8301622


チャーシュー2種類と右側の脂身のようなものが「特製」なのかな。

スープの出汁が効いてて,自家製麺も旨し。

あっさりしたスープなので,右側の脂身のようなものはかえって邪魔なようにも思ったけれど,全体としてはバランス良く,美味しくいただきました。

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

とんかつやまいち,再開 ロースカツ定食@とんかつやまいち・神田須田町

「とんかつやまいち」に暖簾がかかってました。

Nec_1175


しばらくの間,火曜日から土曜日までのお昼のみ営業とのこと。

メニューは,3種類。

ヒレカツ定食 1,600円

ロースカツ定食 1,500円

車エビフライ 2本 1,400円 3本 1,900円

メニューが減って,こちらでよろしければと案内の女性の言葉。

厨房を見ると,ご主人はいない。

2人いた女性スタッフの若い方(メガネを掛けてない方)が揚げている。

もう1人のメガネの女性のほかに新しい女性スタッフが2名で総勢4名。

カウンターになぜか広島焼カープのおやじが座ってて,ビールを飲みつつ,カツが揚がるのを待っている。

注文は迷わず,ロースカツ定食。

カツ丼はしばらく時間がかかるかなぁ。

テーブルの上の調味料類は変わらず。

Nec_1178

ピンクがかった岩塩,ゆず胡椒,らっきょ,小梅・・・。

妙に懐かしい。

しばらくして,ロースカツ登場。

Nec_1181


写真ではわかりづらいけれど,以前のロースカツ定食よりは若干厚めの感じ。

肉質,パン粉,キャベツ等々,いつもどおりの味でした。

油の切れ具合は揚げ方の加減だろうか。気になるほどのことではない。

ともかく,食べてて,懐かしく,涙が出そうになりました。

これからも通いたいと思います。

今日は1時20分ぐらいに売り切れ閉店。

行かれる方はお早めに。

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2014年5月 »