« 【事業仕分け】安全教本は不要か? | トップページ | 鳩山総理辞任 »

2010年5月24日 (月)

【サッカー日本代表】岡田監督の「申し訳ない」に思うこと

オシム退任後のサッカー日本代表の低迷ぶりに,今回のワールドカップは正直何も期待していない。

というか,期待するのが無駄に思えるぐらい絶望している。

だから,昨日のパク・チソンのコメント(4強どころか決勝Tにも進めない等)には返す言葉もないし,今晩の試合でチームとしての力のなさを実証されたように思う。

登録選手も決まり,本番まで残った時間が限られているので,監督交代は非現実的だと思う。

本番が差し迫った今の時点でやることでは本来ないと思うけれど,本番までに,チームとしての連携,一体性を少しでも向上させてほしいと思う。

日頃,欧州リーグの試合を観ているので,オランダ,カメルーン,デンマークの強さはよくわかっているつもりだし,そのようなグループに入りながら,「グループリーグ突破」ではなく,「4強」などという非現実的な旗印を揚げたままにしている監督を見ていると,最近の日本のトップというのは,プレッシャーの中で大言壮語を並べ,自縄自縛の状態になって,余計に自分を追い詰める傾向にあるのかなぁと思ってしまう。

目標を設定して,その目標を達成するためには何をどのような手順で行うかを考えるのがチームワークであり,現実離れした目標設定は徒に混乱を招き,組織としての統一した動きを鈍らせるだけのように思う。

バルサのグアルディオラ監督の試合前,試合後のコメントを毎回読んでいるけれど,彼は,余計な目標設定や先の試合の予想などはしない。目の前の試合に集中して,その試合にどう勝つかだけを考え,語っているし,選手も同じようなコメントを残し,同じ気持ちをシェアしているように見受けられる。

本来は,初戦に勝つことだけを考えている。その後の試合のことは終わった後で考えるで十分な回答だと思う。

「申し訳ない」という言葉は,鳩山さんも沖縄で連発していたけれど,トップが軽々に口にすべき言葉ではない。トップが再三詫びを入れだしたら,下がトップを信頼しないようになる。

謝るのは,辞めるときにしてもらいたい。

本番で指揮を執るつもりであれば,簡単に「申し訳ない」と言わずに,別の表現を使って,選手を鼓舞することができなかったのだろうか。

絶望の淵は深い。

◆◆◆追記◆◆◆

敗戦後,岡田監督が犬飼会長に進退伺いを出していたらしい。

指揮官の気持ちが折れ,それが選手に知れた以上,続投は無理だろう。

早急に後任を指名するべきだと思う。

|

« 【事業仕分け】安全教本は不要か? | トップページ | 鳩山総理辞任 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。私も昨日、見ていました。見なきゃよかったと後悔しました。申し訳ない、については同感です。気をつけたいと思います。

投稿: Yoshi | 2010年5月25日 (火) 11時34分

Yoshiさん,お久しぶりです。

書けば書くほど深みにはまるようです・・・。

投稿: 日本茶々々 | 2010年5月25日 (火) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【サッカー日本代表】岡田監督の「申し訳ない」に思うこと:

« 【事業仕分け】安全教本は不要か? | トップページ | 鳩山総理辞任 »