« 高砂親方帰国 無言・・・親方も解離性障害かも | トップページ | 親子丼(上)@まつや・神田須田町 »

2007年8月31日 (金)

松浪副大臣 相撲協会を叱る。内閣こそ松浪副大臣の越権を監督すべき。

松浪文部科学副大臣のおとといの発言

http://www.asahi.com/sports/update/0829/TKY200708290261.html

 「相撲協会は、伝統、歴史、文化を言う資格はない」――。29日に就任したばかりの松浪健四郎文部科学副大臣が、朝青龍問題に関する日本相撲協会の対応を痛烈に批判した。

 朝青龍関と長いつきあいがあるという松浪氏は、大相撲などスポーツを担当する副大臣に就任。朝青龍問題での協会の対応について「小さいときから培われた思想が(日本人とは)違うという理解が欠落している。今までの小さな不祥事をあわせて一本という形で重い罰を与えたが、その折々に注意しておけばよかった」と指摘した。

 そのうえで「協会は、伝統、歴史、文化を言う資格はない。相撲は葬送儀礼として始まったのに、元横綱の琴桜(先代佐渡ケ嶽親方)が亡くなった時も、相撲も土俵入りもしなかった」と批判。「財団法人として文科省の思い通りにちゃんと運営してくれているか、これから見直していかないといけない」とまで言及した。

以上が引用。

まず,朝青龍と長い付き合いがあるという時点で肩入れしていることが明らかだけど,それをさておいても,副大臣だからといって財団法人内部の処分についてここまで踏み込んで良いのか疑問。

次に,琴桜の葬儀の際に土俵入りしたかしなかったかは,朝青龍と関係がない。
第一,葬送儀礼として始まったとしても,いつまでやっていたことか。その原型をずっと保たなければ「資格がない」ということになるのか。論理が飛躍している。

そもそも,財団法人が「文科省の思い通りにちゃんと運営しているかこれから見直す」というのは明らかに暴言。財団法人の監督官庁が文科省としても,思い通りになるものではない。

朝青龍の処分とからめてだとすれば,意趣返しのために地位を使うことに他ならない。

だれがこんな人を任命したのか。それこそ副大臣として内閣の意図するとおりに職務を遂行しているか,ちゃんと監督すべきであろう。

|

« 高砂親方帰国 無言・・・親方も解離性障害かも | トップページ | 親子丼(上)@まつや・神田須田町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松浪副大臣 相撲協会を叱る。内閣こそ松浪副大臣の越権を監督すべき。:

» 朝青龍仮病問題は、終にモンゴル軍まで出動して、国際問題に発展した(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 高砂親方は予想外のモンゴル早期撤退。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン [チョクのブログ]
横綱・朝青龍仮病問題は、終にモンゴル軍まで出動して、もはや国際問題に発展した(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 高砂親方と本田医師は予想外のモンゴル早期撤退。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン  それにしても、ここまで失礼な行為を繰り返す横綱って、そもそも「人間として許さ....... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 15時19分

« 高砂親方帰国 無言・・・親方も解離性障害かも | トップページ | 親子丼(上)@まつや・神田須田町 »