« 屋久島の岩と温泉 | トップページ | 松浪副大臣 相撲協会を叱る。内閣こそ松浪副大臣の越権を監督すべき。 »

2007年8月31日 (金)

高砂親方帰国 無言・・・親方も解離性障害かも

親方が帰国する際,ウランバートルでも関空でも無言,無表情だったという。

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2007083101000211_Sports.html

これだけあちこちから責め立てられ,矢面に立っていれば,処分を受けた横綱よりも高砂親方の方が精神的にまいっているはずだ。
無言,無表情は,うつの一歩手前の症状かも。

親方もしばらく高知に戻って静養した方がいい。

|

« 屋久島の岩と温泉 | トップページ | 松浪副大臣 相撲協会を叱る。内閣こそ松浪副大臣の越権を監督すべき。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高砂親方帰国 無言・・・親方も解離性障害かも:

« 屋久島の岩と温泉 | トップページ | 松浪副大臣 相撲協会を叱る。内閣こそ松浪副大臣の越権を監督すべき。 »